思春期ニキビは大人になって起こるニキビよりも原因が解りやすいですし、成長期のホルモンバランスの崩れから皮脂が過剰分泌される事で起こります。

もちろん思春期ニキビだからと言って全ての原因が皮脂の過剰分泌では無いものの、殆どの症状がこれにあたるものであり、顔を洗ってもすぐにベタベタとする時期でもありますし、そうなるとニキビも大量に出来る事もあるものです。

思春期には悩みの代表の1つでもあり、青春のシンボルとも言えるものではありますが、悪化させてしまうと一生残る跡になる事もありますから、あまりにも酷い状態になる前に皮膚科で対策したり、薬を使って治す必要があります。

医師の元で処方される薬を使って治療すれば、副作用リスクやアフターケア含めて安心出来るものですが、薬局等で自己判断で購入すると間違った使い方をしてしまう可能性もあり、注意する事が必要です。

患部の多い被せるようにして使うものがありますが、こうした特徴のある商品は乾燥を招いてさらに悪化させる可能性もありますから、医師の処方の元で使う事が望ましいと言えます。