白ニキビ、黒ニキビと段階を経てできたニキビが赤ニキビです。赤ニキビはニキビが進行した状態で炎症を起こしています。放置していると炎症により、色素沈着やクレーター状の跡が残ることがあります。きれいに治すためには早めに皮膚科を受診することが大切です。

皮膚科では内服薬や外用薬が処方されます。

赤ニキビはアクネ菌の繁殖で炎症が起こっているので、アクネ菌を殺菌する作用がある抗生物質の外用薬で炎症を抑えます。アクアチム、ダラシンなどが処方されます。アクアチムは古くからニキビ治療に処方されてきました。

ニキビには長期の服用が必要なので、副作用が少ない内服薬が処方されます。ルリッド、クラリス、ミノマイシンなどが処方されます。ルリッドやクラリスは比較的副作用が少なく、長期間服用できます。ミノマイシンは重度のニキビに処方されることが多く、若い男性のニキビに限定して処方することがあります。ミノマイシンは妊娠中の服用はできません。