赤ニキビが治っても、その後にニキビ跡が発生する事で悩む方は多いです。

炎症や膿を伴うニキビは肌の真皮に傷を付けるニキビですから、それが跡になって残ってしまいますし、真皮の傷は通常のスキンケアで治す事は難しいと言えます。

レーザー治療のような特殊な施術によって、真皮の働きを促して跡残りを薄くしたり、デコボコの穴を浅くする事が出来る可能性はありますが、赤ニキビから発生したデコボコ肌は完治させる事が出来ない可能性も高いです。

ですから赤ニキビが発生した時には注意する必要があり、汚れた手で潰したりする事は避けて、医師のもとで治療が望ましく、気になって潰してしまうとデコボコ肌になってしまって治療出来ない事もあります


ニキビは白ニキビや黒ニキビ段階で治療出来れば、肌の表面で起こる問題ですが、赤いニキビのように細菌増殖する事で大きく腫れてしまうと、治った後でも苦労する可能性がありますから、赤は危険という事を知って対応する事が重要です。

ニキビケアにルナメアAC