黄ニキビはニキビの中でも重症化したものであり、炎症と膿を抱えた状態ですから、すぐに治さないと跡残りが発生する事になります。

そこで黄ニキビに効く薬を使って治療する場合は、市販薬を使うという方も居ますが、この段階まで進んだニキビを自己判断の商品で治療する事は避けた方が良いです。

効き目には個人差があるものの、悪化進行したニキビに対しては専門医の指示に従った治療を行う事が望ましく、炎症性のニキビというのは洗顔や食生活改善によって治す事は難しいですし、大きな膿を抱えるようなニキビは一生残る跡になりえます。

黄ニキビは遺伝性のものでもあり、皮脂分泌、アクネ菌繁殖、菌への免疫反応等の遺伝で決まる要素により発生するものですし、皮脂過剰分泌を抑制するものを内服して、アクネ菌増殖を外用薬によって抑制させるという治療を並行して行う事が有効です。

こうした判断も症状に応じて医師と共に進めていく事が望ましく、自己判断だけで膿の溜まったニキビ治療を行わない方が安全と言えます。